毛鉤と川と我が家族

フライフィッシングや日々の出来事・家族・サッカーetc秋田県能代市から発信する雑記帳。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

8月26日 復活の川

午前三時半
まだ満天の星空の中、F川へと向かう。



足に怪我を負ってから早二週間以上が経過し、症状が快方へ向かっているので
そろそろ虫が騒ぎ出した。
そして何故か負傷したF川に行く事になった。
同行する宮氏が先日良い釣りをした沢に入るつもりだ。
いやがうえにも期待は高まるのだが、このところ雨が少なく渇水気味なのが気に掛かる。

同行したルアーマンは下から、我らフライマンは上から攻めることにする。
しかし入渓地点には練馬ナンバーの車が既に入っていた。
幸先悪いスタートだ。仕方なくさらに上に向かう。
車から降りると肌寒い。朝晩は気温がぐっと下がるようになった。
熱帯夜が何日続いたとかニュースでやってたが、秋の足音はすぐそこまで来ているのだ。
渓魚達と戯れる事が出来るのも残すところあと僅かである。

いつの間にか星空は消え薄く明かりが射してくる。
一歩一歩確かめるように川に降り立ち流れの中に毛鉤を投じる。
いかにもイワナが好みそうなタルミのある流れからは何の反応も無い。
数段釣り上がるが同じことの繰り返し。
先行者が居るのか、先ほどの練馬ナンバーのお人だろうか。
そんな中、宮氏にイワナがヒットしたので、とりあえず魚が居るのが確認できた。
その後も丹念に毛鉤を流していくが、ことごとくハズレである。
渇水でコンディション悪、活性は低いのだから受け入れるしかない現実だ。

テーピングを巻いた左足は今のところ悲鳴も上げず耐えている。
高い堰堤を越えさらに数段流れを叩いていくとようやくアタリがあったが痛恨のバラシである。
どうもイワナ達は相当神経質になっている。
ロングリーダーで長い時間ナチュラルに流さないと出てくれない。
ドラグのかかった毛鉤は全く意味を成さない。

岩の陰から二つの流れが交わりよれるポイントに毛鉤を流し
ようやく小さなイワナがヒットしてくれた。
久しぶりの魚の感触を楽しんだ。
0826イワナ

気が付くとかなり日が昇り、首筋に熱さを感じるまでになった。
ここに来る前はのんびりゆっくりと釣りを楽しもうと思ったが
目の前に清冽な流れを見るとのんびりもしてられない。
青い空と緑の森

水色のキャンバスには白い雲一つ無く深い緑の森が絶妙のコントラストを描き出している。

さすがに川から林道まで上がるのはきつかったが入渓点まで戻る。
林道を通る車が何台か確認できたのでこれ以上上流に向かっても無駄だろう。
帰りがてら下流部の本流域でやってみたが小さなヤマメが反応しただけだった。
影の男

太陽は高い位置から私を照らしつけ私のコピーが川面に映る。
もう釣りの出来る日は何日もないかもしれない。
河原には纏わり着いていたアブではなく、トンボが大編隊を組んでいる。
田んぼは色が変わりはじめ収穫の季節は近い。
赤ロッド赤とんぼ

そして渓流のフライフィッシングの季節は終わりが近付いている。



久しぶりに行ってきましたがシビアでしたね・・・。
やはり今年はF川水系は相性が悪いのでしょうか。

着々と秋はやってきてますね。。。
栗が落ちて

栗が落ちてました。。。
スポンサーサイト

| 06釣行記 | 18:23 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

良かったですネ^^

 こんばんワン!!v-275

 あんまりまったり出来なかったようですネ!!

 先行者(遠征組み)ありしだと、きついっすネ(/_;)・・・

 でも、しかっりキャッチしているじゃ~ないですか。(^^)v

 一挙に、秋モード突入ですな~

 まんづは~復活・・・・

 お( ̄○ ̄)め( ̄◇ ̄)で( ̄△ ̄)と( ̄0 ̄)う( ̄ー ̄)

| きょん^^; | 2006/08/26 19:43 | URL |

足 完治 おめでとう御座います
私は県内最後の釣行へ 何とかアマゴの顔を 見られたらいいな~

行くには行ったが 空振りノックアウト

ブログ種が出来たのが救い

JTKNさん 関心をしました 
 下記のフレーズ

太陽は高い位置から私を照らしつけ私のコピーが川面に映る



| teru | 2006/08/26 20:01 | URL | ≫ EDIT

きょんさん

どうもありがとうございます。
一気に秋モード突入ですね。

しかし川はシビアでしたねぇ。。。
泣きたくなるくらいでしたよ(ToT)
それでも釣りが出来るように
腕を磨かなければって感じです!

| JTKN | 2006/08/27 11:37 | URL |

teruさん

ありがとうございます。

アマゴは残念でしたね。
私も空振りノックアウト寸前でしたが
かろうじてです。

影はですね、
なんだかあまりにも釣れなくて
ボケ~と川面を見てただけでして・・・。

| JTKN | 2006/08/27 11:42 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://flynoshiro.blog66.fc2.com/tb.php/57-e7062276

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。